5月 16 2013

普通肌


スキンケアを的確に選ぶためには、自分の肌質を知る必要があります。水分はその時の環境に左右されやすいので、比較的変化の少ない皮脂分泌を目安にします。自分でチェックしたい場合は、洗顔後の何もつけない状態での30分後の肌で判断します。

肌質は一般的に、普通肌、乾燥肌、オイリー肌、混合肌、敏感肌の5種類に分けられます。敏感肌の場合は、皮脂分泌の量に関係なく、肌が弱い、かぶれやすいなどの過敏な傾向にある場合はスキンケアは敏感肌を優先して選んでください。ただ、肌の状態は、生活環境や季節、年齢によっても変化します。日本は四季を通じて気温や湿度の変化が激しいので、夏と冬の肌質が違う人もいるくらいです。自分でマメにチェックして、その時々にあったスキンケアを選びたいものですね。

普通肌というのは、皮脂分泌が適度にあり、トラブルの少ない肌といえます。しっとりもしていて、ツヤもあり、弾力性もあります、。洗顔後は、ほとんどつっぱり感がなくて、きめが細かく、毛穴がほとんど目立ちません。カサつき、テカリもほとんどなく、トラブルの少ない肌です。
しかし、問題の少ないこの普通肌も、季節によって乾燥肌気味になったり、オイリー肌気味になることもありますので、チェックを怠らないようにしたいものです。普通肌だからといって安心してしまってはいけません、日々の手入れを怠っていると、突然、小じわを発見、なんんてことにもなりかねませんから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>