5月 16 2013

乾燥肌


最近、乾燥肌の人が増えています。洗顔したあと30分してから、まだ肌がつっぱらないという人は、どのくらいいるのでしょうか。そして、冬になると、ますます肌は乾燥してきます。外気の乾燥に加えて、室内でもエアコンによる空気の乾燥が、ますます肌をカサカサにさせます。混合肌はドライスキンの傾向が強くなり、オイリースキンでさえ、水分量は足りないとうことがあります。
ほかにも、手入れの仕方を間違えているために乾燥を招いている場合もあります。角質に含まれているメラニンを取って、透明感のある肌を目指すのはいいことなのですが、頻繁にピーリングを繰り返したり、健康な角質を一生懸命に落としたり、オイル系のものは嫌だと化粧水やオイルフリーの美容液だけのお手入れが、角質層のバリヤー機能を破壊してしまっていることも多いものです。
スカスカの角質層からは、水分がどんどん失われ、外部からの雑菌の侵入を許し、紫外線などのさまさまな刺激の対する抵抗力が落ちています。その結果、アレルギー症状が出たり、シミ、シワの原因となりやすいのです。
まず、対策としては、乾燥からの悪循環をなくすために、健康な角質層を作らなければいけません。洗顔後の保湿が大切になってきます。洗顔は、摩擦を避けるために、よく泡立ててやさしく洗います。あとは、化粧水のあとに、美容液、乳液、クリームを素早くなじませましょう。ヒアルロン酸やセラミド、アミノ酸などの保湿成分が入ったものがいいでしょう。
食事も、肌細胞を作るタンパク質、潤いのもととなる脂質なども適量摂りましょう。入浴で血行を良くして、質の良い規則正しい睡眠を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>